[metaslider id="339"]

PMSが辛い 育児中のどうにもできないイライラに一人で泣かないで!

育児

毎月毎月PMSが超超辛すぎるはなです

 

PMSって知っていますか?

 

簡単に言うと生理前のイライラや体の不調のことなのですが、私、これが本っっっ当にひどい!

 

膝から崩れ落ちるくらいのイライラと悲しみに襲われます。

 

頭では、あぁPMSだな、ってわかっているのですがどんなに落ち着けと自分に言い聞かせてもどうにもならないんですよね。

 

そしてPMSだと気づかず、イライラと戦っている隠れPMSの人もたくさんいます。

 

なので今回はそのにっくきPMSについて書いていきたいと思います。

 

PMSってなに?どうしてなるの??

まず、ざっくりPMSが辛い・・・と言っているけれど、PMSってなにか知っていますか?

 

PMSとは生理前におこる体の不調のことで、だいたい生理一週間前くらいから始まります。

 

ホルモンの変化のせいと言われていますよね。妊娠中に似た症状になるようです。

 

気分が落ちてきたときにカレンダーを見ると

 

あぁ、なるほど

 

となります(笑)

 

PMSの症状にはどんなものがあるのでしょうか。

 

PMSによる体の変化
胸の張り 眠気 頭痛 肌荒れ 下腹部の鈍痛 食欲が増す 便秘など

 

私も、食欲が増し、ひたすら眠くなります。そういえば、妊婦の時もどうしようもなく眠くて、眠気に逆らえず気づいたら寝てたことが・・・

 

PMSによる心の変化
イライラ 気分の浮き沈みが激しい マイナス思考になる 人の言葉に敏感になる やる気がないなど
今回取り上げたいのはこのイライラ!気分の浮き沈み!・・・浮き沈みというか私の場合は沈みっぱなしです。辛いですよね。
でもPMSだからといって、可愛い我が子や大切な人たちを傷つけたくない!
一緒にPMS期の対策しませんか??

育児中のイライラは辛い

普段なら許せることでも、許せなくてイライラして怒鳴ってしまったり、イライラを通り越して時には涙が出たり・・・。

 

自分でもPMSだってわかってる。だけど抑えられないイライラ。

 

子どもにイライラをぶつけてしまったことに自己嫌悪。

 

子どもを寝かしつけ終わり、ごめんね。明日こそ、明日こそはPMSに負けずに子どもと楽しく過ごしたい!と思うのですが、生理が始まるまではやっぱりこの繰り返し。

この精神的な症状がさらにひどく自分を本当にコントロールできず日常生活に支障をきたすものはPMDDと呼ばれるそうです。
自分自身を理解するためにも一度産婦人科に行くのも手かなと思います。
そして生理が始まると、あら不思議。スッと気持ちが楽になるんですよね。
あーうちの子可愛い♩いたずらしても可愛い♩PMSの時期もそう思いたいものです。

まずは周りの人に理解してもらう

育児のパートナーに理解してもらいましょう。

多くの場合が旦那さんですね。

 

理解してもらわないとイライラが増幅する緊急事態になるので、PMSひどいよって人は一人でイライラせず、なんでイライラするのか、どうしてもらいたいのかを話しましょう。

 

実家・義実家にいる場合はお母さんの理解もあるとさらにいいと思います。

 

でもこのPMSを男の人にわかってもらうのってなかなか難しいですよね。

 

もうこれは、根気よく説明しましょう!これしかないです。

 

私もPMSがくるたびに体調が悪いこと、心も自分でコントロールできなくてイライラをぶつけてしまうこと、普段許せることが許せなくなることをたくさん話しました。

 

その時にはもちろん、

 

しょうがないでしょ!!

 

っていう態度ではなく

 

本当に辛いの。理解して助けてほしい。

 

と切実に訴えてみて下さいね。

 

そして時にはネットの情報を読んでもらったり・・・

 

生理前・・・?ポカーン

 

だった夫が涙ながらに訴え続けた結果、何も言わずに家事をしたり育児を率先してやってくれるようになりました。

 

言葉をかけられるより、そっとしておいて家事育児をするのが一番いいと察してくれたのでしょうか(笑)

 

大正解!!笑

 

別室で冷静になる?・・・無理!

よく言われるのが、「イライラしたら別室に移動して冷静になりましょう」ということ。

 

いやいや、なれますか?

 

お母さんがいなくて探しにくる子どもたち。

 

鍵かけて閉じこもっているとわかると部屋の前で泣き始めます・・・。

 

普段、トイレにまで追いかけてくるのに一人になるなんて無理ですよ。

 

籠ったことで泣かれてますます負の感情が出てくるのです。

 

もう、こうなったらリビングに布団しいて横になりましょう。ソファの上でもいいです。

 

きっとお子さんが起きて起きてって言うかもしれません。

 

おやつに頼るもよし、DVDに頼るもよし、youtubeに頼るもよし。

 

いつも閉まったままで出さないようなおもちゃを出すと意外と集中して遊んでくれたりもします♩

 

粘土や折り紙出してそばで横になって「上手ーすごいねー」と声掛けだけするのもありですね。

 

お母さんは辛いのです。

 

数十分くらい、危険なこと以外はありにしませんか?

 

15分くらいでも目をつむって横になるとだいぶ体が楽になりますよ。

 

ちなみにうちの子はだいぶ大きくなって、(時計の)長い針が〇になるまで少しだけ寝かせてちょうだい、そしたら○○して遊ぼう。と言うと

 

あと少し、あと少し

と隣で言ってはいますが、横にならせてくれるようになりました。

 

お母さんも具合悪い時があるのよ、と子どもにわかってもらうのも体を休めるコツです。

 

お母さんだって人間です。万能ではないのです。大丈夫、体調が回復したら笑顔で思い切り抱きしめて一緒に遊びましょ♩

 

漢方やサプリに頼ってみよう 食事改善も忘れずに!

私が使っているのはルビーナです。あんまりにひどいPMSで薬局に行ったときに薬剤師さんにすすめられて買ってみたところ、イライラが軽減しているような感覚がありました。

 

↓タケダの漢方薬ルビーナ

タケダの漢方薬ルビーナ
タケダの漢方薬「ルビーナ」の公式ブランドサイト。ルビーナは、更年期のさまざまな不調を改善する、漢方処方「連珠飲」にもとづく漢方薬です。「これってもしかして更年期障害?」と思った時のセルフチェックシートや更年期障害についての情報をご紹介します。

 

PMSそろそろだなーっていうときから飲むようにするとさらに効果的でしたよ。

 

味はまぁ漢方独特の感じはありますが、すっごく不味い!というわけではないので一度試してみて下さい。

 

他にはが効いたよっていう声もみかけました。

 

 

 

このような口コミを聞くので気になっているのですが、鉄のサプリを取ると便秘になることもあるそうなので気を付けて下さいね。

 

やはり食事でとるのが一番だと思うので、鉄分の多い食材を載せておきます。

 

かき しじみ あさり 鮭 緑黄色野菜(赤血球をつくるのに必要な葉酸を含む)
肉 魚 卵 牛乳 チーズ etc…

さらにビタミンⅭを含む食材を一緒に接種すると鉄の吸収がよくなりますので、ぜひ一緒に食べて下さいね。

また、生理前は甘いものやカフェインを含むもの、お酒などは控えたほうがいいようです。とはいっても生理前って甘いものが食べたくなりますよね。ストレスにならない程度に制限してください。

 

PMS期をなるべく楽しく乗り越えたい

辛いPMS。イライラしている自分は本当に嫌になりますよね。

 

イライラをぶつけてもう子どもに悲しい思いをさせたくない!!

 

身体改善しつつ、うまく付き合っていけたらいいですね。

 

ご飯は買ってきてもいいです。掃除も2日3日さぼって少しくらい埃がたまっても死にません。

 

手を抜けるところは手を抜いて、旦那さんや周りに理解協力してもらって、たくさん休んで・・・大切なお子さんたちと笑顔で過ごせますように!

 

 

みんな一緒です。一人で涙しないで下さいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました