寝かしつけで背中スイッチを発動させずに布団におろす方法

育児

みなさん、毎晩の寝かしつけの調子はどうですか??

・背中スイッチ対策に最適のトッポンチーノ
・モロー反射対策のスワドルアップ

このような新生児さんの寝かしつけの時に役立つアイテムはたくさんありますよね。

しかし、このトッポンチーノやスワドルアップは寝返り前の赤ちゃん向けなので、今日はそれより大きくなった赤ちゃんたちの背中スイッチをoffする方法について書いていきたいと思います。

トッポンチーノの記事はこちらから

↓↓↓

トッポンチーノは赤ちゃんの寝かしつけ、背中スイッチ対策に最適!使い心地を徹底調査!!

スワドルアップ、気になる人はこちらから

↓↓↓


保育士時代に乳児の寝かしつけの中でやっていたことや、我が子に実践したことを紹介するので試してみて下さいね

この記事でわかること

↓↓↓

寝かしつけた赤ちゃんを起こさずに 布団におろす方法

赤ちゃんをぐっすり寝かしつけて背中スイッチをオフにする

nekashituke

抱っこで寝て、そのあと布団におろそうとするとなぜか目がパチッとあいて起きてしまう。そんなことがたくさんありますよね。
ママたちの間では、背中スイッチと呼ばれています。

可愛い我が子だけど、この背中スイッチ発動でみんな寝かしつけには苦労しているみたいですね。

寝かしつけ時の背中スイッチを発動させないために、どうしたらいいのか悩んでいる人はこのあとに紹介することを実践してみてください。

まずはゆったりした気持ちで寝かしつけ

寝かしつける時は普段から使っている赤ちゃんが安心できる毛布やタオルケットでしっかりめに包んでトントンしてあげて下さい。

トッポンチーノなどもそうですが、ママの匂いがついているとよりぐっすり眠ってくれますよ。

保育士時代たくさんの赤ちゃんを寝かしつけましたが、好きな眠り方は十人十色。

・横抱き横揺れ
・スクワットで縦に上下
・膝を使って激しめゆらゆら

などなど。とんとんで眠ってくれれば一番ママは楽だと思いますがなかなかそうもいかないものです。

うちの子は三人とも赤ちゃん時代はとんとんの寝かしつけには応じてくれなかったので、抱っこorおっぱいで寝かしつけていました。

お子さんが眠りやすい方法を探してみて下さいね。

寝かしつけに成功したらいよいよ背中スイッチとの戦い

さて、赤ちゃんがスヤスヤ深く眠りについたらここからが本番。

背中スイッチをオフにして布団におろすコツは・・・

おなかとおなかを離さない!

おなかとおなかとは、もちろん抱っこしているママと赤ちゃんのおなかです。横抱きでも縦抱きでも一緒ですよ~♩

私はどちらかというと縦抱きからよりはおなかぴったりつけて横抱きの体勢からおろす方がやりやすいです。ママのやりやすい方でオッケー。

赤ちゃんの寝かしつけに成功したらママは布団の横に座ってタオルケットや毛布で赤ちゃんの手足が出ないようにしっかりめにくるみ、おなかは絶対にくっつけたまま少しずつ布団の上におろしていきます。

そしてそのままおしり→背中→肩→頭→足の順におろしていきます。

いきなりべたっと布団におろすと赤ちゃんがびっくりするのでおしりからですよ♩

この時赤ちゃんの足は、ビクッと動かないように抱っこの延長でママの手や足で押さえていてくださいね。

足から手を離すのは一番最後です

ママは赤ちゃんの上に覆いかぶさっていて、腕は首の下と足にあります。

そのままそーっと、ゆーっくり起き上がりましょう。もぞもぞしたら手をタオルケットや毛布で固定しつつトントンして落ち着くのを待ちましょう。赤ちゃんは全身くるまれていると安心してくれます

ママが起き上がることに成功したら最後は足をそーっとはずします。

はずすときにまたもぞもぞするようであればその足を押さえてあげて下さい。

これですやすや寝てくれれば寝かしつけ成功です!

私はこれで0歳児の子たちを寝かしつけていたのでぜひ実践してみて下さい。

よりぐっすり眠ってもらうために

nekashituke

着地は成功したけど、何回ももぞもぞして起きちゃったり、少しの物音や気配で目が覚めてしまったり。

せっかく寝てくれてもママは休めないこともしばしば。

というわけで、よりぐっすり眠ってくれるように寝かしつけで実践できることを紹介しますね。

何回も起きる時は背中を高くしてみよう

お母さんの抱っこは、一直線にフラット・・・ではないですよね!横抱きにすると赤ちゃんの頭は上がって身体は丸まっています。

布団におろす時も、布団のしたに毛布を入れるなどして肩から高くしてあげましょう。

頭だけの枕より、肩から上げることをオススメします。

また、布団の上ではなく下に入れて高さを作る理由ですが、窒息防止です。

寝返りをマスターするとある程度は安心なのですが、やはりまだ赤ちゃんです。

ふわふわの毛布の上に寝ていると口や鼻が塞がって事故が起きる可能性があるので、毛布などやわらかいものを使って頭から肩を高くする場合は必ず敷布団のしたに入れましょう!

大切な赤ちゃんのために、必ず安全第一でお願いします

トントンだけで寝られるとお母さんの負担も減る

腱鞘炎になる人もいるくらい毎日の抱っこは大変です。

抱っこしたいのは山々ですが、余裕がある時にはトントンで寝る練習もしてみましょう。

入眠の時は抱っこでもいいのですが、赤ちゃんがもぞもぞ起きそうになったときに思い切って抱っこせずトントンで寝かせてみましょう。

保育園でも、お昼寝することに慣れてきた子たちは少しずつトントンで寝るようにしていますよ。

トントンする以外にもおでこから眉毛あたりを上から下に撫でるとスッと眠ってくれます。

また、ここで大事なのが赤ちゃんの目があいているときにはママは目を閉じるということ。

あ、ママも寝ているな、と思うと赤ちゃんも安心して目を閉じます。

ジーっと目が合ったまま見ていると段々覚醒してしまいます(笑)

0歳児寝かしつけの時に、保育士も目を閉じると効果があると確信しました!隣で横になって寝たふりするのもいいですね。

赤ちゃんねんねのおともにベビーモニター!

nekashitsuke

赤ちゃんが寝ている間、溜まった家事を済ませてしまいたいですよね。

でも赤ちゃんから目を離してしまうのは心配ですよね。

そんな時に用意したいのがベビーモニター。離れた場所からも赤ちゃんの声が聞こえたりモニターで姿が見られたりするものです。

これがあれば寝かしつけた場所から離れていても赤ちゃんが起きたらすぐに気づくことが出来るので安心して家事ができますよ。

それでは人気のベビーモニターを見てみましょう♩

Panasonic モニター付き屋内カメラ


私の友人も使っているこのPanasonicのベビーモニター。画質も良く、暗い部屋でもはっきりと寝ている赤ちゃんの姿を見ることが出来ます。

動作センサー、音センサー、温度センサーがあり、変化があるとお知らせ音やLEDの点灯でお知らせしてくれるので安心ですね。

胎内音や心音などのおやすみ音で、寝かしつけのお手伝いもしてくれますよ。

ただ口コミを見ていると「充電がもたない」という声もあります。ただ「3日しかもたない」と書いてあったのでそれが短いと感じるか長いと感じるかは人それぞれなので、使う頻度などを考えて検討すると良いと思います。
少しお値段はしますが人気商品なのでメルカリなどに出てきてもすぐ売り切れてしまうようです。綺麗に使って使わなくなったら売るという手もありますね。

グッドデザイン賞など受賞のベビーカメラ


こちらは蛯原英里さんがオススメしているベビーカメラです。

グッドデザイン賞とキッズデザイン賞をダブル受賞しているくらい、可愛らしいどんなお部屋にもぴったりのデザインです。

遠隔でカメラを上下左右に動かすことが出来ますし、オートでも赤ちゃんの動きを感知してくれます。
元気な寝相の赤ちゃんでもカメラで追いかけることが出来て嬉しいですね。

暗視カメラの光で赤ちゃんおきちゃったりするんですよね。でもこれなら暗い中でも光らずに映してくれるので赤ちゃんの眠りを妨げません。

ただ、この光がないから赤ちゃんの姿が良く見えなかったという口コミもあるようです。
でもそれを打ち消す圧倒的な口コミ件数と評価の良さ!先ほどのパナソニックのものより少しお手頃価格で手に入れられますよ♩

まとめ

nekashitsuke

赤ちゃんの寝かしつけは根気がいりますよね。せっかく寝かしつけても布団におろすと泣いてしまったり、赤ちゃんの背中スイッチはすごく敏感!

この記事の読んでくれた皆さんの赤ちゃんが、ぐっすり眠ることができますように。

ベビーモニターなどの便利アイテムも使って、寝かしつけたあとの時間も家事したりゆったりしたり有意義に使っていきましょう。

新生児さんの寝かしつけアイテムはこちらからどうぞ♪

↓↓↓

トッポンチーノは赤ちゃんの寝かしつけ、背中スイッチ対策に最適!使い心地を徹底調査!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました